詳細航海記録または更新記録

このホームページにまつわる顛末と更新記録を書いています。それにからんで、関連する話を延々としていたりします。もはや、このコーナー、なんでもありの日記もどきです。
純粋な更新事項はこの色なので、余分な物がいらない人は拾い読みして下さい。

先月以前(&15日以前)の過去ログ・リストへ

過去ログ・リストを別ウインドウで開く

「トップ」へ戻る




写真があるときはこちら [航海記録(blog版)]



2017年07月25日(火)
さて。BSアンテナの設置で、今回、DXアンテナのインジケーター付きというのを買ってみた。インジケーターといっても、1個のLEDが点いたり消えたりして、電波の受信範囲を知らせるという簡易なもので。発注してから、密林通販のレビューを見たら結構辛辣な感じでヤバイかと思いましたが。
実際に使ってみたら、このインジケーターのみで、ほぼ完璧な角度調整が出来ました。BSアンテナ設置では、いつも角度調整で手こずるので、これは良かったかと。
おそらくうまくいかないのは、取り付けるステーが垂直ではなく、首を振ると上下の角度がずれるという問題ではないかと。最初、軒下にステーを取り付けたところ、屋根の角度の関係でこの問題が出たため、急遽、板を一枚噛ませて、水準器で垂直を出して取り付け直しました。
アンテナの上下角度は説明書に書いてある土地と角度の表から決め打ちで決定。割と細かく書いてあって、好感が持てる。
この状態でインジケーターを使うと、ある一定の角度でLEDが消灯するところが有り、そこが、大体TVが映る範囲(TVも見ながら確認している)。で、その中央付近で、電波強度はほぼ最大になる。この時、前のアンテナよりも指標で10近く上がったので、これがアンテナを新しくしたためなのか、調整が精密になったためなのか。
実際、今回調整には2〜3分しか掛からず、これまでの苦労が嘘みたいに簡単でした。ちゃちなインジケーターですが、十分役に立ってくれました。
ちなみに、アンテナ線も新しくしましたが。20年も前の線だと、アマチュア無線時代の経験からすると内部劣化も激しいので、セット商品ならやすいしそろそろ替え時かと。
そんなわけで、現在、非常にキレイにBSが見られるようになったので、満足度は高かったですね。


2017年07月23日(日)
親父と居間のTV用BSアンテナを新しいのに変えていましたが。取り付け位置を変えたため、治具から作り直して、えらい時間が掛かってしまいました。あと、親父は工具の整理が出来ていなくてダメだった。私が片付けにこだわるのは、厳しかった前の上司の教育の賜である。が、部屋の中は捨てられない症候群で片付けようがない……。

「IT'S MY LIFE(成田芋虫/小学館)」8巻が発売中です。
おうち大好きおじさんの家に転がり込んできた魔法幼女とのおうちコメディーでしたが。
今巻は、ずーっと伏線を敷いてきた邪神とそれを封印した聖女の物語=過去話が8割方です。結構ちらほらと断片的には語られていたので、おおよその枠組みは思っていたとおりでしたが。そのバックにある社会的背景が結構辛辣なもので、それゆえに全体的な悲劇性が酷いことになっています。
そのあたりは作者の人も意識しているのか、この巻のシリアス度合いについて読者離れを懸念していますが。まー、小中学生くらいの多感な頃だと結構ダメージが大きいかもしれませんが(暗い過去編と言えばアリオンの4巻とかねー、昔ショックだったわ)、年食ってくると、この程度でどうこうとは(笑)。
その分、現代編のコミカルさが際立っているような気がします。特にカナンが凄く重要な役所にも関わらず、コメディリリーフにしか見えないというあたりがニヤニヤしてしまいます。
ノアはシリアスに大活躍といった感じなんですが。
ちなみに、主人公?のアストラさんは相変わらずです。
ということですが、続きで、どう決着を付けるのか。凄く楽しみな作品です。


2017年07月22日(土)
最近、寝たら最後という感じですね。しかし、カフェインレスの効果は絶大で、今日も休日だというのに昼寝してません。以前はこの状態を全く保てなかったのですが。

「リボンの武者(野上武志/KADOKAWA)」7巻が発売中です。
リボンの武者、というと既存の戦車道チームがタンカスロンで活躍する弱小チームに負けまくるということで、一部ではアレな評価の作品ですが。この巻でも、やはり、そういったところがあります。
ただ、この巻ではじまる「大鍋」というイベントに於いては、ソレも計算のうち。ということで、裏で手を引くダーさまが何を企んでいるのかが問題ですが、その種明かしはもう少し先のようです。
そして、この巻の一番の見せ場は、そういった全体的傾向とまったく裏腹というか、タンカスロンメインの学校とやり合うということは、その学校のエースとやり合うということで有り。隊長クラスになるとどうなるかということが、この巻の西住仮面によって証明されます。西住仮面ヤバイ。ヤバすぎる。
ということで、やはり、役者的には学年相応ということになるのか。ダー様はおもしろがって足をすくわれるのか。アニメの最終章とは違う方向で突っ走るこの作品が、最終的な評価としてどう転ぶのか?はこの後の展開次第ということで。


2017年07月19日(水)
「ブレイブウィッチーズ 第502部隊発進しますっ!(藤林真/KADOKAWA)」が発売中です。
ストライクウィッチーズの公式マンガの中でも一番どうしようもないウィッチたちを描く「発進しますっ!」シリーズ最新刊。TVシリーズがA5判2巻、劇場版がB6判2巻、今回はまたまたA5判と、判型がころころ変わるのが一番の難点で(笑)。
あと、基本的にこの世界のネウロイは殆ど攻めてきません。そのため、501ではおさんどん少女戦記でしたが。502は寒さと戦う話になっています。前回以上にネウロイ出てきません。にもかかわらず、ストライカーユニットは壊れ、財政は逼迫しています。
ということで、内容的には非常に楽しいですが、エピソード的には意外と少なかったりするので、502で続刊(エイラーニャエピソードとか、ひかりの魔眼エピソードとか、入れられるものはいくらでも……しかし、ネウロイが攻めてこない!)か、今度は506で描いて欲しいところです。キャラクター的には506の方がいじりがいがあるかと思いますが、ある意味、あちらの方がヤバイ奴が多いので……。


2017年07月18日(火)
今日の紅茶:ダージリン。
おそらく、紅茶の種類という意味では最も有名なものかと思いますが。出荷量は紅茶全体の量に比べるとかなり少なく、世に出回っている物すべてが100%リーフだとすると、栽培量の数倍になるとか(笑)。つまり、信頼の置けるブランドやお茶やさんのものでないとブレンド茶葉であることが有り、その場合、一体何パーセントがダージリンなのか、という話です。午後の紅茶のダージリンも、Wikipediaで見ると、徐々に茶葉の比率が高くなっている(純粋に近づいている)のが分かって面白いです。
また、ダージリンはインドのダージリン地方でとれる紅茶ですが、インドで唯一中国系の茶樹が根付いたもので、他の地方のアッサム種とは樹からして違います。そのため、味が違いますが。一般に言われるシャンパンフレーバーとかマスカテルフレーバーなどと呼ばれる物に対して、私の舌は?としか思えません。西洋人は、葉っぱに対して何か思い違いをしているのではないかと?
今回の葉っぱは、TGFOP「ティッピーゴールデンフラワリーオレンジペコ」ということで、ゴールデンチップ多めの高級品。しかし、葉っぱはさほど大きく感じません。ニルギリがばかでかかったので、そう感じるのかもしれませんが。
水色はオレンジ濃いめ。アッサムのような茶色にはならなかったですが、少し出し過ぎたか?
味は、紅茶味なのですが、セイロン系のような薫り高い感じではなく、緑茶的な渋みを感じます。これが、「緑茶(中国茶)と同じ種類の樹」ゆえのものかもしれません。
個人的には、ダージリンの「微妙に紅茶っぽい甘みのあるお茶っぽい味」が好きなのですが。家族に言わせると「紅茶っぽくない」となるわけです。基本、日本人の考える紅茶は日東やリプトンがせっせと売ったセイロン系の味ですから。

ということで、これでインド系も終わり。
先が見えてきましたぜ。


2017年07月17日(月)
部屋の片付けをする。なんとか圧縮して人が入れるようになった。あと2日あれば、作業スペースを確保できるのだが……無念。

今日の紅茶:ニルギリ。
メガネっ娘です。と書くとガルパン的ですが。
前回のアッサムリーフが癖がない、という感想になり、明らかに一般的なアッサムの評価(味が濃い)と離れてしまったので、今回は注意深く。
ニルギリのOPですが、オレンジ色の葉も多く、FOPに近いのかも。葉は明らかに大きくて、香りも含めて、緑茶っぽい。樹はアッサム種なんですが。
ということで、ちょっと長めに蒸らしてみましたが。これまた、癖が無い感じ。アッサムのように水色は濃くないですが。そして、やはり、セイロン系のように香りが強いわけではありませんが、ほのかな甘みがあり、それ自体はセイロン系の紅茶に近いのかも。
ということで、紅茶独特の渋みとか香りの強さがなく、甘みがあるということで、非常に飲みやすく感じました。リーフレットには「透明感のある清々しい香り」とありますが、どっちかというと緑茶に近い香りのようにも感じました(笑)。
ということで、これでアッサム種の紅茶は一通り飲んだことになりますので。残すは中国茶系のダージリンとキームンですな。さてさて。


2017年07月16日(日)
暑いからと言ってひっくり返っていると、金縛りにあったように動けなくなってしまいますな。もう、起きるとか起きないとか言う以前に。

「おじょじょじょ(クール教信者/竹書房)」4巻完結しました。
お嬢さま的行動から抜け出せなくなって孤立していた地獄巡春と朴念仁の代表のようだった川柳徒然が、互いの影響でなんとなく普通になっていく恋愛コメディでしたが。
4巻まで続いたことによって、徒然の過去というか正体が明らかになり、その一騒動がこの巻になっています。
正直、このエピソードはあってもなくても話としては成立するものかと思いますが。二人の関係を再定義するという意味と、現状と繋げるエピソードとして面白いものだったかと思います。
しかし、この世界の日本、紛争地域からヤバイ人たちが沢山流れ込んでるな。
しかし、問題ないのは、前世が鬼の連中も大概に集まっているから?この作品の主要人物にも紛れ込んでいることが分かりましたしなぁ(前世の話は「ピーチボーイリバーサイド」)。
あと、春さんと秋さんがラストに作った会社が、小林さん(と滝谷、エルマ「小林さんちのメイドラゴン」)が勤めている会社。

しかし、秋さんにいい男が現れないというのは解せぬ。かわいいのに。


2017年07月15日(土)
今日の紅茶:アッサム。
アッサムと言えばミルクティーとかチャイと言われるくらい濃いお茶というイメージがあり。ものの本には、ほとんどがCTC製法になっているとのことで、以前、カルディーオリジナルのCTCを買ってきてローズヒップの味の調整に使ったりしていたこともありましたが。今回のパックの中味はFOP、つまりフラワリーオレンジペコで、若い葉っぱがはっきりと分かるようなリーフでしたわ。
ということですが、意外と香りが薄いというか、癖がない。淹れてみましたが、水色はかなり濃いのに、味や香りはやはり薄めでした。抽出時間を長めにしたつもりでしたが、足りなかったのかもしれません。
イメージは「癖がなく飲みやすい紅茶」。セイロン産のように香りが強く主張することなく、水色の割に味は薄めというか、癖がなくて飲みやすい。そんな感じでした。CTCだと、もうちょっと「濃い」感じがしたような気もしますが、やはり癖が無い味だったような記憶がありますので、好き嫌いが分かれにくい味かと思いました。セイロン系を飲み慣れていると、香りが足りないと思うかもしれませんが。

しかし、暑くなってくるとアイスティーにしたくなりますが、試し飲みが終わるまでは同じ条件にしないと。

あと、水出しローズヒップの付け合わせを乾燥レモンバームにしてみましたが……確かに風味はましますが、レモンリーフと比較しても枯葉感が増量しすぎて、薬というほど飲みにくいものではありませんが、なんというか、秋の山を転がっているような感覚に襲われます(笑)。紅茶を入れてみるか、生葉と比較してみるか。ハーブティーは奥が深いです(<手軽に遊べるともいう)。


2017年07月14日(金)
仕事疲れも大変ですが。私の住んでいるところは旧盆なので、今年は親戚で初盆があることもあって大変でした。うちのあたりのお盆行事は、他の地域に比べてかなり豪華らしいので。

ということで、こないだの大洗で、FA 20-35mm F4 を本格的に使ったので、その話を書こうかとも思ったのですが。まだ、画像ファイルもSDカードに入ったままで見てもいないので、書くも何もありませんな(笑)。
ということで、近いうちに写真を少しばかり……アップしても、ここには縮小写真しか載せないから、やっぱり使い勝手の話にしかならないでしょうが(笑)。


2017年07月12日(水)
今日も暑くて大変でしたが。工場内部の気温が雨が降り出しそうな朝の時点で37℃越えとか、おかしいですよ。なんであそこの連中は倒れないのかと(笑)。
なんか、色々書きたいことがあったはずなのですが、みんな飛んでしまって頭が真っ白ですわ。
それはともかく。ガルパン関係のグッズは、一般メーカーによるグッズはともかく、大洗のコラボ商品などは良心価格で、お店を回るのが楽しかったりしますが。
大洗から帰ってきて、妹のママ友の刀剣乱舞のTシャツの話を聞いて。おもしろがって、ひさしぶりに「しまむら」に行ったのですが。Tシャツとか、コラボグッズの充実度が半端ないことになっていてびっくりした。まぁ、色々コラボをやっているのは知っていましたが、ジャンプ作品やディズニー、ピクサーなどのメジャーなものから、タグが付いていてゲームとかアニメのコラボということはわかるけど、何のコラボなのかさっぱり分からない物まで色々。「くまみこ」の原作で取り上げられて話題になった頃よりも数段進化?しているような気がします。
ガルパンのTシャツもいくつか残っていましたが、お値段という意味では断トツに安いです。さすが、庶民の味方「しまむら」。一時期、ユニクロもコラボグッズ展開で話題になりましたが、やはり、本気の度合いは見ればわかるというもので。何とも恐ろしいものです。


2017年07月10日(月)
1日たったら、疲れがどっと出ていますよ。
さて、昨日のフォローから。
景浦さん、防災サミットのあと振りで廃校ネタを使うも、蝶野さんに脅される。しかし、口約束は約束ではない(笑)

ガルパンクイズ大会の前説的景浦さんと竹内さんのトークで、最終章について軽く情報出し。しかし、さっぱりわからない(笑)。

さて、2日目、日曜日。大勘荘は朝ご飯もボリュームたっぷり。綾乃小路がいればおひつを空に出来たのに。っていうか、おかげさまで、この日も1日2食で十分でした(笑)。

で、朝から、もう一度会場1週回って。うさぎさんチームのクリアファイルセットとか買ったりする。
しかし、あまりにも暑くて、既に護衛艦に乗る列につくのも辛いということで。綾乃小路もいないし、さっさと撤退して。今回は「大子町立上岡小学校」に行ってみることにする。ガルパンの新たな聖地として知られるようになった、あの劇場版の学校のモデルである。常磐道から60分ほど(Wikipedia情報)ということで。さほど苦労なく行けるかと思われたのですが。
ここで軽く間違えていたのであるが。高速に乗ったら常磐道かと思っていたが、よくよく考えると大洗から高速に乗っても東水戸道路であり、北関東自動車道である。大洗から常磐道まででるのに30分以上掛かるので、その分がプラスされる。更に、ナビがいい加減で、那珂湊のあたりで、なんか無茶な道を走りまくる(そもそも、那珂湊の方は行かなくていいのだが、ドライバーが位置関係を間違えていたので、北に出てしまった)。
ということでありましたが、別に渋滞しているということもなく、普通に市街地走行していました。というか、地元の山の中を走るルートを思い出しました。後半はずっと山道です。アップダウンはありませんが。さすが、関東平野。
ということで、ナビが案内をやめてすぐに看板が有り、小学校到着。

思っていたよりも校庭が広く、校庭側から見ると何もない。つまり、シーンと合成しないとどこがどこのモデルになったのか良くわからない(笑)。
ということですが、木造校舎が懐かしい。自分が小学校に入ったときには鉄筋校舎だったのですが、まだ木造校舎も残っていて、講堂とか、作りが複雑で実は楽しかったのです。そんなことを思い出しつつ。「例の」階段が構造的に面白い。山の斜面に造られた校舎の立体的な配置とか、講堂と校舎の接続とか、遊び甲斐がありそうで。
講堂の物置には8mmフィルム?のようなものもあったりして、まぁ、あのままだとだめになってしまいそうだけど、珍しいなぁとか。あちこち、写真を撮ってきました。
一番わかりやすいのは、やはり職員室から見える「放送室」ですが(笑)。
あと、兎小屋?もありました。しかし、文化財として保存されている校舎と違って、ボロボロでいつまで残っているか微妙ですね。
校舎の隅には屋台小屋を建築していました。2台入るということで、結構でかかったです。

ということで面白かったですが、大洗からだと行って帰って半日以上掛かるので、また行こうとは思わないですが。文化財に指定されていますが、基本、観光地という感じはあんまりなく、地元の記念施設みたいですね。観光地としては袋田の滝が近くにあるので、食事とかはそっちに行けば何とかなるのかもしれませんが。さっさと帰ろうということで寄らなかったので、よくわかりません。うちの親とかは大洗もひたち海浜公園も行ったことが無いのに袋田の滝は行ったことがあると言っていたので、かなり罰当たりな観光客です。

ということで、常磐道から帰路についたのですが。常磐道、首都高、東名と、全く渋滞もなく、スムーズに帰れました。前に綾乃小路君が「常磐道は事故が多くていつも渋滞している」と言っていましたが。私と双葉君で大洗に行ったときには、全く事故渋滞なんてないんですよね。綾乃小路が乗っているときだけ、事故渋滞で遅くなるのですよ。…………日頃の行い?

ということですが。今回は、目的もしっかり果たせたし、上岡小学校も行けたし、なかなか充実しておりました。久しぶりにイベントバリバリな大洗ではなく、通常よりも少し人出の多いくらいで商店街をぶらぶらするにも楽しかったですよ。

まぁ、日曜日は、ガルパンおじさんはパシフィコボコ浜のシネマティックコンサートに行っていたので空いていたのでしょうが。最終章の主題歌発表とかオマケがあったみたいでずるいなぁ、と思いつつ。まぁ、予想通りBD化されるようなので、映像商品にならない大宮もプライスレスな感じで、それはそれで。


2017年07月09日(日)
さて、帰ってきたので忘れる前に書いておこう。
今回は、大洗「海の月間」イベントの「艦艇公開in大洗」ということで、護衛艦「あさゆき、さわぎり」の2隻や、陸自の各種車両、そしてイベントを見るために行ってきました。
で、出発前にも書きましたが、綾乃小路が前日の夕方になって突然「不幸があっていけなくなった」とかメールをよこしやがりました(<PCメール見たのは更に夜更け)。今年に入って3回目のドタキャンです。こいつに会った人は、誰でもボコる権利をあげます。私が許します。
ということで、8日未明に双葉君がやって来たので、二人で出かけてきました。凄く順調に渋滞なく行けたため、上手くいけば1日艦長の任命式が見られるかと思ったのですが、あともう少しというところで間に合いませんでした。

ということで、いつものサンビーチの臨時駐車場に車を入れ、会場の方へ歩く。最初に、仮店舗営業中のまいわい市場とガルパンテント村をひやかしてから、第4埠頭へ。早速、写真を撮りまくったり、テントををひやかしたりする。今年の注目は「87式偵察警戒車」6輪のごついサスペンションや、スモークディスチャージャーのチェーン、機関砲やハッチ内側のペリスコープまで、じっくり見られます。

で、ここで軽く朝食をすませたものの。双葉君が「アウトレットモールの今を見たい」というので、見に行く。実に閑散としていた。トイレすら一部閉鎖していて、施設としての体を成していないような。人の流れが完全に変わってしまっていて、あのクレープ屋さんですらお客がいない状態。

そのままマリンタワーへ行ってみる。人のいないマリンタワーを見るのは久しぶりである。で、あまりに空いていたので2Fの喫茶・Panzer vorへ行ってみたら、待たずにすんなり入れてしまった。ちょうど中途半端な時間だったのと、今回のイベントの人の流れから外れていたためのようである。ということで、せっかくなのでお約束メニューの「鉄板ナポリタン」を頼む。さっき、朝食を食べなければもう少し行けたのだが、結構ボリュームがあって、大変だった(笑)。が、おいしくて、満足度が高い。これはイケる。更に食べてみたいメニューが沢山あったので(カジキドックとか)、是非とも再チャレンジしたいところ。

ということで、ちろっと商店街の方を回って、第4埠頭に戻り、「地域防災サミット」の見学。大洗大使の蝶野さん主催で昨年もやりましたが、今年は杉山Pがいない代わりに、役人役の景浦大輔さんが登壇。自衛隊、警察、消防、消防団、海上保安庁からパネリストを招いて、防災の備えについていろいろありました。まぁ、防災については色々やっているところに住んでいますので、基本は「良くある事例」なのですが、やはり、気は完全に緩んでいるので、こういう話は気が引き締まって良いです。ただ、あまりの暑さに死にそうでしたが。
ちなみに、双葉君は日陰で聞いていたようです。

で、普通ならガルパンクイズ大会まで場所取りをしつつPRイベントを聞くところですが。あまりの暑さにそのままいたら死ぬと思い、水分補給の旅に。今回、「お茶の国井屋本店」に行くのが目的の一つでしたのでそちらへ。7日から発売のガルパンセット(チャーチル煎茶、Assam tea、甘露のノンシュガー紅茶飴、アッサム嬢のうちわのセット)と、聖グロリアーナのマークを入れた特注ステンレスマグを買いに。特に、このステンレスマグがいいデザインで。ツィッターで見たときに、ステンレス焼き付けの青い色と聖グロのマークがあんまりにもかっこよかったので欲しかったのですよ(ここ最近、飲み物入れに凝っていたし)。宿で開けてみたところ、なかなか使い勝手も良さそうで、イベントで役に立ちそう。で、無事にゲット。ついでに、聖グロコースターセットがいいデザインで、ついつい買ってしまいました。

で、給水しつつ、再度第4埠頭へ。今度はガルパンクイズ大会です。今回はさっきの景浦大輔さんだけでなく、澤梓役の竹内仁美さんが登場。1日艦長の任命式は見られませんでしたが、こちらはバッチリと拝見できました。双眼鏡片手に見ていましたが。いつもの手作り感溢れるグダグダな進行と、竹内さんの美麗な声がいい感じにマッチして、楽しかったです。竹内さんは今回が生で拝見するのは初めてでしたが、写真で見るよりもずっと可愛かったです。お持ち帰りしたいかわいさ。
そして、クイズ王決定の際にはボコも駆けつけてくれて……みんなにボコられていました(笑)。あれ、かわいい上にネタが立っていてずるいよな(笑)。
ということで、全体的に出演者、司会、見ている観客とみんな楽しそうな感じでいいイベントでした。
ただ、暑い(笑)。ステージイベントなのに、あまりの暑さに耐えきれずに席を立つ人もちらほら。そりゃあ、地面に座っただけで尻が火傷しそうに熱いし(クッションが必要か)。肌が出ていれば焼ける。昨年までの教訓から長袖の防暑服に首回りの日よけの付いたトロピカル仕様のブーニーハットを買ったおかげで日焼けはかなり何とかなりましたが。今回、最後の問題として、手の甲と鼻の頭が酷いことに。日焼け止めが最後の手段になりそうですが、相当日差しが強かったのでどこまで効くか。今年も、風呂には入れなくなった人が結構いたのではないかと……。

で、暑さでばてたので、まいわいでお土産を買い込んだ後に宿へ。
今回は「大勘荘」さんにお世話になりました。前を通ると常連さんがわいわいやっている宿という感じですが。常連さん達もきさくだし、一般の家族連れの人なんかも普通に泊まっていたりして、良い感じの民宿でした。部屋は西洋風の扉の付いたところと、昔ながらの障子の引き戸で廊下と区切られた長屋タイプの部屋とあって。結構久しぶりに引き戸タイプの部屋に泊まりましたが。クーラーもほどよく効いていて、麦茶も冷たく、快適に過ごせました。昔の民宿なんかとイメージが全然違いますね。快適。あと、WiFiもあるし。お風呂も広いし(男湯の洗い場は3人分)。
食事も板場直結で、いかにも「海産物メインの宿」といった感じで。お刺身の盛り合わせを付けていたのですが、これが二人で食べきれないほどの量で。腹がパンパンになりましたわ。
ガルパンプランのおまけのマグカップがなかなか良い感じで、これも楽しみの一つかと。

ということで、思ったよりも長くなったので続く。今回、色々スムーズに事が進んで、楽しかったのですよ(<行く前は死ぬほどグダグダでしたが)。


2017年07月07日(金)
ひどく忙しいですわ。
明日から大洗ですわ。海の月間で、艦艇公開ですわ。
おまけに、綾乃小路からメールが来て、前日夕方になってドタキャンですわ。
誰かぼこぼこにぼこっといて下さいですわ。
ということで、明日の更新はなしですわ。
今から支度して、明け方には出発ですわ。
忙しいですわ。


2017年07月05日(水)
「機動戦士ガンダム MSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ(虎哉孝征/KADOKAWA)」全9巻読み終わりました。
長いタイトルの作品ですが。中味は、MS-Vにおいてジョニー・ライデンと人気を二分する有名人、シン・マツナガの物語です。「ジョニー・ライデンの帰還」のような複雑な話ではなく、ストレートに1年戦争の話ですが。これまでに明らかになっていたエピソードとかほとんどなく、逆にドズルの腹心なのに「ソロモン戦に不参加」というハンデを負っているので、ストーリー的にはかなり変則的な物になっています。
メインはガンダムが開発されるまでの初期の戦いと、ソロモン以降の「この後どうしよう」な話になっていますが。どちらかというと華々しく活躍しているイメージはなくて、ジオンの中でも名家の出で腕はいいのに失敗ばかりでろくな目に遭っていないような気がします。

では、この話のキモは何なのか。ドズルとの友情?ドズルとゼナと愛人の三角関係の追及?更にそこに関わるシンの立ち位置?
メカ描写は丁寧で良いと思いますが、他の作家さんに比べての「売り」とまで昇華はされていないような気がするし。でも、中判で大活躍するGアーマーのプロトタイプは実に面白かったような。マグネットコーティングとこの機体の性能にどういう関係があるのかはさっぱりでしたが(まして、速度とか……どこが稼働するんだ?)

しかし、この作品には素晴らしい点があります。ヒロイン・オーレリアのぷにぷに感は、他の作品の追随を許さないでしょう。これについては、巻を追う毎にかわいくなっていくので、読んでいて楽しいです。そして、露出度とか全くないのに、ぷにぷに感が良いです。あまりの良さに、登場人物から子豚ちゃん呼ばわりされてしまうヒロインって……。ゼナ様が美人だったり、マレーネさんが美人だったり、同年代として出てくるはにゃーん様が、すらっとした美少女であったとしても、やはり、このオーレリアのぷにぷに感こそが………。

そういうわけですから、この作品は「読むべき」作品に昇華されているのです。食わず嫌いをせずに読みましょう。そして、白狼がイグルーで戦死したなんていうヨタを信じず、オーレリアのその後の冒険を応援しようではありませんか。

ちなみに、これまでの設定では、白狼はア・バオア・クー戦に参加したとか、戦後はサイド3の復興に尽力したとか、色々言われているんですが、まぁ、MSVのキャラクター設定はコロコロ変わりますからねぇ。


2017年07月03日(月)
「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか?外伝ソードオラトリア(大森藤ノ/SBクリエイティブ)」9巻が発売中です。
アニメ放映に合わせて、という感じなのかもしれませんが。内容は、アイズの冒険者デビューの頃の話と。本編8巻のアレス軍侵攻の頃の話のロキファミリア視点の話になっています。
全体的には、これまでにも描写されていた(漫画版の方がわかりやすいのか?)、アイズの焦燥感=父親が母親の英雄でアリ、自分には英雄が来てくれない、がクローズアップされていて。子供の頃の「言うこと聞かない」演出が凄いことになっています。
割を食っているのがリヴェリアで、独身のお姫様がまわりからお母さん扱いされるわ、娘扱いのガキは言うこと聞かないわ、酷い目に遭ってます。まー、それゆえ、今の出来た人がいるのでしょうが。この人、エルフのお偉いさんにしては変わってますねー。
しかし、黒龍とアイズの両親をめぐる秘密について、「本編で明かしたい」として遠回しな表現になっているばっかりに、外伝の機能が薄くなっているような気がするのは気のせい?
あと、アイズの秘密の一つが明かされますが。私のSF研の先輩曰く、「クラッシャージョウの4巻でアルフィンに酒乱という設定が加わった瞬間、日本のスペオペは堕落した」そうなので、この作品も……いや、元から萌え作品だし(笑)。
ということですが、本編をなぞっているようで、そちらで描写されていなかったシーンが「ごそっと」追加されたりしているので、侮れない外伝です。
ちなみに、今回一番扱いが良かったのは、ガレスですな。多分。


2017年07月02日(日)
「ルパン・エチュード(岩崎陽子/秋田書店)」1巻が発売中です。
さて。新刊案内で最初タイトルを見たときに調べてみると、アバンチュリエのような「原作そのもの」や「VSルパン」のような原作そのものよりも、パスティーシュに近いものかということでどうしようかと思いましたが。ミステリマガジンのコミック特集関係のツィッターで「原作リスペクト」について話が見られましたので、購入決定。
買ってきたものの、読むのが少し遅れてしまいましたので今頃ですが。
というわけで、本書。1巻の中の1編に「アンペール夫人の金庫」が入っていることから分かるように、アルセーヌ・ルパンが世に出た頃からの話になっております。若者ルパン。ちなみに、なぜか私は「マダム・アンベール夫人の金庫」と各社の日本語訳がごっちゃになって重複して覚えてしまっているという馬鹿頭ですが。
この本特有の設定として(カバー裏に載っている程度は紹介でいいよね)。まず、ルパンが二重人格で、偽名というよりもラウールとルパンが別人格である、ということ。これは、ラウール幼少期の例の話をやると面白そうな設定であります。あと、ルパンとしてルブランによって語られている以外の彼を描ける、と言うことですか。
そして、もう一人の主人公としてラウールが訪れるサーカス団の団員、エリクを相棒として描いていること。ルパンが自分を語る相棒としてはルブランが有名ですが、彼はワトソン博士のように「一緒に冒険する」というわけではありませんから、もっと身近で語れるキャラクターが必要だったのでしょう。
ということで、特に二重人格設定により、これまでのルパンとはかなり違った物になっていますが。「原作のルパン」から逸脱しない味付けでオリジナルストーリーが編まれており、確かにリスペクト具合はなかなかのものかと思います。
どっちかというと、ラウールの方が天然で人格的にはタチが悪い人間に思えてしまうのがミソかも。
とりあえず、2巻からは原作エピソードの中でも結構キツイストーリーである「カリオストロ伯爵夫人」になるようなので、そちらの描写を見せてもらって……というか、敵が強烈すぎて、面白くなりそうです。

ちなみに、VSルパンの1巻でも思いましたが(アレは原作の名前をガン無視していた)、ルブランの名前は入れなくても良いのですかねぇ。原案として「アンベール夫人の金庫」を挙げているので知っている人は分かりますし、あとがきには、ルブラン先生の名前も出てくるのですが。最近のヤマトのように法律的な権利の関係で松本零士先生の名前を抜いておきながら、氏のデザインそのものを使っているような、歯がゆさを覚えますが?。


2017年07月01日(土)
「蒼き鋼のアルペジオ(Ark Performance/少年画報社)」14巻が発売中です。
今巻は、学園編の大いなる序章という感じで。その、メインとなるだろう学園祭への導入となっています。そして、その関係で、ほぼ、402と北先生の話になっています。もう、402の艦長は北先生でいいんじゃね?
スピンオフのソルティーロードでおかん力を身につけた402は日本に馴染んじゃってますし。最初は401よりもお嬢さまっぽい感じだったのにねぇ。普段の言葉遣いもなにげに悪い(笑)。
あと、ハルナとキリシマが上陸している関係で、マヤには蒔絵と護衛サイボーグだけですが。蒔絵の性格と戦闘能力の高さが危険で、今後の展開の鍵になりそうです。

ちなみに、アワーズの方は先月号が続きになりますが。本編は過去の回想になっていて、話が進んでいません。マンガでない方の撃沈倶楽部で暇をもてあましたコンゴウとヒエイが横浜に向かっているらしいことの方が危険かもしれませんが、アレ、単行本に収録されないんだよねー。群像については14巻のカバー折り返しが一番の情報になっているし……漫画で話が進まない(笑)。




先月以前(&15日以前)の過去ログ・リストへ

このページの先頭へ

「トップ」へ戻る